宮崎駿監督インタビュー「半径300メートルへの所懐」 —— 本日は貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。 まず、この地図をご覧ください。早稲田大学所沢キャンパスは、狭山丘陵の中に唯一隣接している大学なのですが、宮崎監督がここに早稲田大学があるとお知りになったの […]
来る我らが早稲田祭!運営スタッフ代表の佐野さんにお話を伺いました! 秋。少し寂し気な色模様を織りなすこの季節に、早稲田大学で熱いイベントが開かれる。ー「早稲田祭」。2日間で例年約16 万人が訪れる、国内最大規模の学園祭である。今年度は11月7日(土)、8日(日)に開催されるという「早稲田 […]
空気なんてぶっ壊せ!空気に支配される私たち この記事は2015春号に掲載されています。 詳しくはこちらをご覧ください。 見えないものを見ようとして  目には見えないが、私たちは日々「空気」の存在を感じて生活し、支配されている。人と人が関わりあう場面で必ず発生する空 […]
時代の最先端! ICTを活用した教育とは? この記事は2015春号に掲載されています。 詳しくはこちらをご覧ください。 タブレットで勉強する時代なんです  皆さんはICTという言葉をご存知だろうか。ICTとは、情報通信技術やその産業・設備・サービスを総称した言葉で […]
大学生、一限に行こう!  朝しっかりと起きる方法とは!? この記事は2015春号に掲載されています。 詳しくはこちらをご覧ください。 間に合う時間に起きられない… 大学生になってからというもの、飲み会やバイト、テレビなどで夜更かし…。結果的に朝起きることができない、という人は多 […]
「本当」の性格ってなに!?  今あらためて性格について深く迫る! この記事は2015春号に掲載されています。 詳しくはこちらをご覧ください。 性格は行動からしか分からない  占いや就活での自己分析でも取り上げられることがある性格。普段はおとなしい性格なのに、ネット上では過激な発言をして […]
MAG!2015春号特設ページ開設!

MAG!2015春号特設ページ開設!(2015年10月1日公開)

大変遅ればせながら、MAG!2015春号ウェブ版が完成しました! 今回のメインインタビューは、「心霊探偵八雲」シリーズでお馴染み、小説家の神永学さんです。 冊子は今号も都内大学を中心に配布いたしております。お近くにない方 […]
「人科生こそ、人科とはなにかと自問すべき」不確実な未来を迎える人間科学部生の生存戦略<後編> 人間科学部生のみなさんは、「人科ってなに?」と聞かれた時にどう答えるでしょうか。人科とは一体何なのか。これからの社会で、どのように活きるのでしょうか。 今回は人間科学部OBの細野雄紀氏に、人間科学部について、そしてこれか […]
「人科生こそ、人科とはなにかと自問すべき」不確実な未来を迎える人間科学部生の生存戦略<前編> 人間科学部生のみなさんは、「人科ってなに?」と聞かれた時にどう答えるでしょうか。人科とは一体何なのか。これからの社会で、どのように活きるのでしょうか。 今回は人間科学部OBの細野雄紀氏に、人間科学部について、そしてこれか […]
不動産流通実務検定って何なんだ…?  謎の検定を受けてみました!(笑) 6月某日、1人パソコンに向かって、とある検定を黙々と受けるマグ捜査員A(2年)とB(3年)。 受けているのは「不動産流通実務検定」という今年から始まった検定で、不動産の流通に関する知識とその活用を測る検定とのことらしいが […]
キャバクラに行きませんか?キャバ嬢のひ・み・つ♥︎ いらっしゃいませ、何名様ですか? 夜の街。夜のお仕事。何かと怪しげな雰囲気を醸し出す夜という言葉。そんな夜に、流浪人のごとくさまよう人々がいる。彼らは温もりを、ひいては愛情を、私たちの知らない何かを求めてさまよう。そんな […]
「不動産学」ってなに? 謎の不動産学部に迫る!! 不動産といえば、家や土地の売買など漠然としたイメージを持つばかりで、よく理解できていない大学生は多いのではないだろうか。しかし、日本の大学には不動産学部という聞きなれない学部がある。また、最近、新しい高層ビルの建設、それ […]
かっこいいだけじゃない!? 浪人武士の実態に迫る!! 皆がヒーローなわけではないんです… 赤穂浪士、新撰組、坂本龍馬などいわゆる「浪士」と呼ばれる武士たちは、今なお高い人気を得ている。しかし実際、浪人武士とはどのような武士たちだったのか。疑問に思ったマグ捜査員(歴女になりた […]
アリかナシか? 就職浪人という選択肢 就活って大変ですよね… 最近よく聞く『就職浪人』という言葉。「浪人」と言えば大学受験を考えがちだが、就職活動を浪人する人も増えてきているようだ。就職活動を浪人する意義とは何だろうか。疑問に思ったマグ捜査員(就活が怖い)は […]