男子禁制!潜入!女子大の学食

2009年7月15日 記事の公開日時 2:48 am

1

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
男子禁制!潜入!女子大の学食
 
 

 皆さんは自分の所属する大学以外の学食を口にしたことがあるだろうか? 学食が美味しいと有名な大学は数多い。しかし、「美味しい」と噂が立つのは共学の大学ばかり。女子大の学食は話題にもあがったことも無い…。これは調べてみる価値値があるかもしれない(特に男子的には)。
 そこで、我がマグ特派員(女子部)が女子大の学食へ潜入してきた。

●報告書:その1『津田塾大学』

「揚げ豆腐と野菜炒め」、「白身魚のフライ」。津田塾大学の 学食には油ものが少なく、ヘルシーなメニューが多く並ぶ

「揚げ豆腐と野菜炒め」、「白身魚のフライ」。津田塾大学の 学食には油ものが少なく、ヘルシーなメニューが多く並ぶ

 津田塾大学の学食は和食中心のメニューが豊富で、洋食は少ない。野菜がふんだんに使われ、栄養価が高く、バランスの摂れた食事ができる。油物が少ないので、女子大生には望ましい食事と言えよう。
 味は『おふくろの味』に近い。ヘルシーでバランスが良いので女性には嬉しい。おすすめは「揚げ豆腐と野菜炒め」。「チキンカツ」は見た目の割にボリュームあり。ちなみに、デザートは180円のアイスクリームがある。全体的に女性のニーズに合わせて作られている気がした。

●報告書:その2『日本女子大学』

「日本女子大学」の学食はレストランを彷彿とさせる。 盛り付けがきれいだが、他大学の学食に比べて少々値段が高い

「日本女子大学」の学食はレストランを彷彿とさせる。 盛り付けがきれいだが、他大学の学食に比べて少々値段が高い

 日本女子大学の学食は多種多様なメニューが特徴。盛りつけがきれいで、見た目が良い。栄養バランスも良く、味もいいが、全体的に少し値段が高め。デザートの種類は他の大学から比べると少ない。
 「トマトポン酢のハンバーグ」はポン酢にトマトの酸味を加え、枝豆を散らしてある、和風テイストなハンバーグ。

 

「日本女子大学」のスイーツたち。学食とは思えないようなクオリティを誇る。女子大の学食は、全体的にスイーツが充実しているようだ

「日本女子大学」のスイーツたち。学食とは思えないようなクオリティを誇る。女子大の学食は、全体的にスイーツが充実しているようだ

 「フォーサイゴン」は海鮮系と柑橘系の合わさった強烈なエスニックの匂いがする。匂いほど味は強烈ではなく、さっぱりしている。麺は米麺でつるつるもちもちして食感がよい。
 「牛肉のココナッツカレー煮」は見た目、チンジャオロースーだが、ココナッツ風味のソースで美味しい。やはり、これもエスニックの香りが…。

 

 日本女子大学で食べたメニューは、他の大学の生協の食堂でも食べることができる。これは生協が提供している為で、生協と提携している大学ならどこでもOKだ。ちなみに、6月8日~27日はアジアンフェアを開催していた。

 

 ひとまず報告は以上である。ここに載せたメニューはごくごく一部であり、他にも目をひく料理はたくさんあった。よこしまな心なく、純粋に「行ってみたい」、「食べてみたい」と思っている、そこの男性諸君! ガールフレンドと一緒なら、君も潜入できるかも(笑)。

(text by KANAKO Katsumura)

津田塾大学での学食例日本女子大学での学食例

 

 

MAG! 2009年夏号17ページより

MAG! 2009年夏号17ページより

関連記事


 
▲一番上に戻る