朝まで生テレビを観覧して来た

キーワード:  ,

2009年5月31日 記事の公開日時 10:12 am

4

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
朝まで生テレビを観覧して来た
 
 

どうも皆さん、お初にお目にかかります。Magnetpress1年の土屋と申します。
実は昨日、一和多幹事長の斡旋もあり朝まで生テレビを観覧して参りました。そこで全国ネット初登場(?)を記念し体験談を書かせて頂こうかと。

(土屋)

いざ六本木へ

朝まで生テレビの収録は、六本木にあるテレビ朝日で行われました。番組自体は深夜1時20分からなのですが、観覧者の集合時間は23時15分。余裕を持って9時半には家を出て六本木へ向かいました。

・・・・・がしかし。

大江戸線六本木駅からテレビ朝日までの距離が案外遠く、六本木で案の定迷うはめに。エスカレーターを降りたり昇ったりで六本木ヒルズ付近をウロウロすること20分。どうにか集合時間ほぼジャストに着くことが出来ました。やはり慣れない土地に行くときには下準備が重要です。人生で何度学んだ教訓か分からないはずなんですが・・・汗

なにはともあれテレビ朝日に入ることが出来ました。

観覧前

観覧者は入場の際、名簿に名前住所大学名などを記入します。自分も記入したのですが、少し名簿に目を向けると早稲田の名前ばかり。どうやら団体で(恐らく政治系サークル)見に来た早稲田生がいたらしく、観覧者が一つに集められた控え室でも至る所で談笑の花が咲いていました。自分?もちろん一人で本を読んでいましたよ苦笑

控え室では30分ほど待ち、注意事項の説明などが行われた後、12時過ぎにいよいよスタジオ入り。

番組開始前

スタジオに持ち込むことが出来るのは貴重品とラベルを剥いだペットボトルのみです。飲み物を持参していない人は130円の水(500mlペットボトル)を控え室で買うことが出来たのですが、必要性を感じなかったのとトイレに行きたくなっても困るし、ということで買いませんでした。

この番組開始前の時間はリハーサルが始まるまで基本的に暇です。時々拍手の練習をしてみたりとか。一人で行った自分にはなかなか退屈な時間になってしまいました。隣は隣で盛り上がっていましたし。

0時50分頃に司会の渡辺、長野両アナウンサー、電話受付の方(殆どは大学生のアルバイトだとか)が入って来てリハーサルに。出演者の登場と紹介を一通りやって、遂に本番です。

いざ本番

1時20分、遂に番組スタートです。

今回の討論テーマは「”自民vs民主”激突!どーなる?!日本の政治」ということで、本来なら政局絡みの話が冒頭の予定だったのでしょうが、北朝鮮の核実験があったため北朝鮮の話題からとなりました。

北朝鮮絡みの話はやはり外交安全保障を考える上でのっぴきならない問題でしょうから、やはり捨て置くわけにはいかなかったのでしょう。

ここでの議論はもう少し長引きそうだったのですが、何回目かのCMですぱっと話題が変わりました。ディレクター(?)の方はなんども「CM」というカンペを出していたのですが、すぐにはCMに入れなかったのが印象的でしたね笑。

CM中には出演している方の中で喫煙者の方が喫煙されていまして。本当に開始ギリギリまで吸っておられました。オフレコ話もしていたんでしょうか。聞き取れる距離ではなかったので残念ですが。

2つ目の話題は本題となるはずであっただろう政治の問題。

補正予算の問題や民主党のマニュフェストの財源などどちらかというと経済問題の話が多かったかなと。

ただこの時間になると眠い人がちらほらと。あれって眠るとスタッフが注意しに来るんですよ。自分の斜め前の人にも来てましたね。

そして最後に外交・安全保障の話。

ここでは民主党がなかなか叩かれていましたが、時間切れとなり20分程で終了。

番組全体の感想としては、民主党のもう少し具体的なとこに突っ込んで欲しかった気がしました。安全保障しかり経済対策然りで。

番組終了後

正直、凄く喉が渇きました苦笑
開始前には水を売っていたのがただのぼったくり?とか思っていたんですが、ええ、終了後には善意なんじゃないかと笑テレビ朝日さんごめんなさい。朝生の際には飲み物を持って行きましょう。
そして謝礼(!)を頂きました。
それもなんと5000円(!!!!)
ビックリですね。アルバイトをしていない自分にとって定額給付金以来の実入りとなりました。ありがとうございます。

なんだかんだ言ってきましたが、今回の観覧は貴重な体験となりました。マグに何らかの形で生かしたいと思います。5000円ではなくて経験をね笑

関連記事


 
▲一番上に戻る