所ジョージさんインタビュー「本人曰ク、文化人類学的」連載第4回

2010年3月31日 記事の公開日時 11:10 pm

3

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
所ジョージさんインタビュー「本人曰ク、文化人類学的」連載第4回
 
 

「崖の上のポニョ舞台裏」

●昨年(2008年)、映画『崖の上のポニョ』でお父さん役をやっていましたね。それはご自身なりの父親像を反映されたのでしょうか?

アニメの声とかは、注文があるからね。こうやってくださいとか。注文通りにやってるだけなんだよね。しかも、どっちかっていうと、僕の声は浮いた感じになる。会話になってないっていうか。

●あの役を頂いた時、演じる上で自分なりに勉強した事などはございましたか?

ないよ。読まないもん、台本も。あっちは事前に送ってくるけどね。
現場で出来る男だからね、僕は。何もせずに現場行って、それでそのドキドキ感のなかで、いかにも読んで来たフリこいてやってくのが面白いんだよ。それでも、きっちり出来ちゃうんだよね(笑)。

●(宮崎)監督にはバレなかったのでしょうか?(笑)

監督には言ってないもん、読んでないこと。黒澤監督の映画のときも、読んでないよ。
『私は貝になりたい』の役をもらったときも、台本読んでないからね。それで現場で演じていって、自分でそのストーリーに感動した(笑)。

→第5回へ続く

所さんの世田谷ベース IV [DVD]

主演:所ジョージ
参考価格:¥7,875
価格:¥5,929
OFF : ¥1,946 (25%)

関連記事


 
▲一番上に戻る