ダイヤモンド入りのお洋服!? 次世代を担う夢の新素材!

2010年10月13日 記事の公開日時 5:03 pm

3

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
ダイヤモンド入りのお洋服!? 次世代を担う夢の新素材!
 
 
この記事はMAG! 2010秋号に掲載されています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

着るだけでケガの治りが早くなる!?

MAG!2010秋号-ダイヤモンド入りのお洋服!? 次世代を担う夢の新素材!

今年もユニクロの『ヒートテック』が売れ行き好調なようですね! 近頃、街中では寒い季節でも薄着の人をよく見かけるようになりました。このようなファッションが、実はたくさんの工夫が凝らされた“機能性衣料”によって支えられていることを皆さんはご存知ですか? この機能性衣料とは、例のヒートテックから競技用ユニフォームさらには宇宙服にまで、実に様々な場面で使われています。
そんな大活躍の機能性衣料で、なんと”ダイヤモンド”が混入されているというネクストブレイク間違いなしの新素材が開発されたというんです! 早速、光り物大好きな私MAG!捜査員が、繊維素材の研究をされている実践女子大学の城島栄一郎教授にお話を伺ってきました。

「”ナノダイヤモンド”という、ナノサイズのダイヤモンドを衣料などに組み込む技術が開発されています。現在試作段階で衣料への製品化はまだされてないですね。」(城島教授)

ダイヤモンド入りの洋服なんて素敵! ちなみに『ナノ』とは、1mの10のマイナス9乗、水素原子の10倍ほどの大きさです。それだけ小さなサイズなので、特別キラキラ光って見えたりとかはないらしいですね(笑)。
では、衣料にダイヤモンドを入れると具体的にどのような効果があるんですか?

「例えば、ナノダイヤモンド入りのサポーターを使用すると、微量の電気を発生させることでその部分の血流を良くしたり、ケガの治りを早めたりする効果が期待できるんです。また、殺菌・抗菌作用も高いので、医療用シーツや歯ブラシへの応用もできますね。」(同)

わかりやすい例をあげれば、より効果の高い『ピップ○レキバン』なんですって(笑)。
ところで、あの高価なダイヤモンドが入っているのだから、当然お値段も張るんじゃないですか?

「ダイヤモンドを入れる量はほんのちょっとでいいんですよ。あと、天然のダイヤでなく火薬の爆発エネルギーで作られたナノサイズの人工ダイヤモンドを精製して利用しますので原価は安いです。ただ、最初は研究・開発するコストも入りますし、効果が認められればブランドとして高値になるかもしれないですね。」(同)

まるでSF小説のような新素材が次々に開発され、私達の生活もどんどん便利になっていきます。教授曰く、日本は繊維の新素材分野において世界で最も高い技術を持っており、ナノダイヤモンドのような特殊な素材の開発も進んでいるらしいです。これからも次々に現れる新素材界のダイヤの原石達に期待大ですね!

(文=渡辺理佐)

城島栄一郎 プロフィール

実践女子大学 生活科学部 生活環境学科教授。
繊維材料・高分子材料を専門とした研究をする。

画像出典
Dreaming of diamonds / Swamibu
http://www.flickr.com/photos/swamibu/1182138940/

関連記事


 
▲一番上に戻る