【2011秋号】難しそうで案外簡単!? 不動産投資を少額で行う方法とは!

キーワード:  , , ,

2011年11月3日 記事の公開日時 5:00 pm

25

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
【2011秋号】難しそうで案外簡単!? 不動産投資を少額で行う方法とは!
 
 
この記事はMAG! 2011秋号に掲載されています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

投資とかコワイ…?

あなたの身の回りにも、「投資」という言葉を聞くだけで拒絶反応を示してしまう人、いるのではないだろうか。確かに巷の投資話を見たり聞いたりすると、如何せん怪しいという印象が拭えないのが実情だ。FXや株式投資など、「儲かりますよ! 」と言われても、実際損が出ている例などを聞くと尻込みしてしまうのも致し方なく思える。

だが、あまり損が出にくく、かつ手持ち資金が多くなくとも出来る投資があるという。それが、投資の中でも敷居が高いと思われがちな「不動産投資」だ!
本当に不動産投資はあまり資金がかからずに出来るのか、またどうすれば不動産投資で利益を上げられるのか、MAG!捜査員(お金はない)が『住宅ローンで不動産投資を行う方法』の著者である星輝さんにお伺いしてきた!

 

まず、不動産投資はどれくらい費用がかかり、収益が上がるものなのだろうか。

「物件を買うお金はほとんどかかりません。なぜなら、銀行の融資を使うから。建物や土地にいくらの価値があるかということを査定してその建物と土地の価値の分、融資を受けることが出来ます。物件の価値次第では売買価格に対して全額融資を受けることも出来、それを『フルローン』や『満額融資』と言います」(星輝さん)

つまり建物や土地を担保にすることで融資を受け、そのお金で物件を買うことで自分の手元にお金がなくても物件を購入出来るのだ。
ただし、その場合でもかかってくるのが諸経費(1)。不動産会社への仲介料などで、およそ物件の金額の7〜10%程度がかかってくるとのこと。少し大きい金額ではあるが、この金額さえ用意し、いい物件を見つけられれば不動産投資は始められるとのこと。しっかりとした物件であれば、諸経費分はあまり時間がかからず収益を上げられるそうだ。

 

ただ、このやり方では融資を受けて物件を購入することが前提となるが、融資を受けること自体が難しいのでは?

「確かにお金を借りられるかどうかは不動産投資では1つのターニングポイントですね。サラリーマンであれば安定した収入があるため、比較的簡単に借りられます。僕みたいな個人事業主だと借りにくいですが、銀行だけでなく色々な金融機関に当たってみれば借りられると思いますよ」(同)

もちろん、闇雲に投資するのではダメ。物件が投資の金額に対していくらの収益を上げるかという指標、「利回り」を考えて投資しなければならないとのこと。これが低すぎると、返す金額のほうが入る金額より大きくなる可能性も…。

 

まだまだ気にするところはあるけれど、思っていたよりも不動産投資の敷居が低いことは確か。お金の使い道、ちょっと考えてみますか。

(1)建物に対する消費税、不動産仲介手数料、契約書に貼付する印紙税、登記する場合の登録免許税、司法書士手数料、不動産所得税

(文=土屋順紀)

星輝 プロフィール

不動産投資コンサルタント、ビジネスプロデューサー。著書の『住宅ローンで不動産投資を行う方法』はAmazonの不動産・住宅ローンのカテゴリーで1位を獲得。

 

画像出典
Money Hand Holding Bankroll Girls February 08, 20117 / stevendepolo
http://www.flickr.com/photos/stevendepolo/5437288053/

関連記事


 
▲一番上に戻る