サッカー初心者でもFUJI XEROX SUPER CUPを10倍楽しむ方法! Jリーグ特命PR部女子マネージャー:足立梨花さんインタビュー

2011年2月24日 記事の公開日時 1:31 pm

3

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
サッカー初心者でもFUJI XEROX SUPER CUPを10倍楽しむ方法! Jリーグ特命PR部女子マネージャー:足立梨花さんインタビュー
 
 

来る2月26日(土)に開催される「FUJI XEROX SUPER CUP 2011」。この大会は、前年度Jリーグチャンピオンと天皇杯優勝チームが戦う、Jリーグ開幕前の大事な一戦。今年は、昨年Jリーグを制した名古屋グランパスと、元旦に行われた天皇杯決勝戦で見事優勝を手にした鹿島アントラーズが対戦する。
サッカーファンは必見の試合であるのはもちろんのこと、サッカー観戦初心者でも楽しめるのがこの大会。さっそくJリーグ特命PR部女子マネージャーで、昨年1年間でJリーグ全37クラブの試合をスタジアムで観戦したという、足立梨花さんにこの大会の楽しみ方を伺った。

足立梨花プロフィール

1992年10月16日生まれ。三重県出身。2007年、第32回ホリプロタレントスカウトキャラバンにてグランプリを受賞し、芸能界入り。昨年よりJリーグ特命PR部女子マネージャーに就任し、Jリーグ全37クラブの試合をスタジアムで観戦するなどのPR活動を行っている。

1年前は私もサッカー初心者でした!

女子マネになる前は、本当に1回もサッカーを観に行ったことがなくて、J1・J2の違いも何クラブあるのかも分からなかったんです。女子マネになるちょっと前に初めて生で観戦して、すごく面白いなって思って。やっぱりユニフォーム着て、ピッチで汗流しながら一生懸命走ってる選手のみなさんを見るとかっこいいんですよね(笑)。今では選手の名前もルールも分かるようになって、新聞のサッカー欄やサッカーニュースをちゃんと見るくらい、サッカー好きになりました。

スタジアムはサッカーだけじゃない!

スタジアムは、サッカーを見るだけじゃなくて、グルメも沢山あるし、イベントもあるので、それを目的にして行ってもいいと思うんです。地域によって、グルメもイベントも全然違うものがあるので楽しいです。それにスタジアムには男の人しか来ないようなイメージがあるんですけど、家族連れで来てたり、デートしに来てる人も見たことありますよ。だから、女の人がもっと増えるといいなって思います。

サッカー生観戦の楽しみはココ!

何のきっかけでもいいので、生でサッカー観戦をしてほしいなって思います。本当に「あ、この人かっこいい」とかでもいいんですよ(笑)。いつも観に行ってる人が、「観に行こうよ」って誘って、チャンスを与えて欲しいなって思います。私もそうだったんですけど、初めて観に行っても、内容が分からなくて、ボールも速くてついていけないとかあると思うんです。でも、それを見ていても迫力がすごいんですよ。サッカーのことを知ってる人と一緒に行くと、色々教えてもらえて面白いと思います。それに、サポーターのみなさんの応援がすごく面白くて、応援歌を聞いていると自分も盛り上がるし、ゴールが入ると「ワーッ」って盛り上がるので、それも楽しみの一つですね。

FUJI XEROX SUPER CUP 2011に向けてのメッセージ

FUJI XEROX SUPER CUP は毎年、Jリーグチャンピオンと天皇杯優勝チームが戦うので、本当に熱い試合が見られると思います。あとは、前座試合で、高校生選抜チーム対U-18選抜チームの試合があるんですけど、それも面白いと思いますよ。その中には、Jリーグに入る選手もいるので、そこも注目してほしいですね。
2試合見られるんですよ!お得だと思います!
この大会を見てもっともっとサッカーが好きになってくれれば嬉しいので、本当に騙されたと思って見に来てください!

当日はJリーグ全38クラブのご当地グルメが味わえたり、各クラブのブース出展、選手のサインなどが当たる抽選会なども開催される。
また、MAG!読者には嬉しい特典が!「MAG!2011冬号」を持って行くとオリジナルタオルマフラーを抽選でプレゼント!
さあ、あなたもMAG!を持ってFUJI XEROX SUPER CUP 2011を観に行こう!

(文=赤津詩織)

大会情報

FUJI XEROX SUPER CUP 2011

  • 名古屋グランパス VS 鹿島アントラーズ
  • 日時 2月26日(土) 13:35キックオフ
  • 会場 日産スタジアム(神奈川県横浜市)
  • 大会およびチケット購入の詳細はこちら↓
    http://www.j-league.or.jp/xscup/

    関連記事


     
    ▲一番上に戻る