「どうしてマグに入ったの?」 vol.3 土屋順紀(早稲田大学3年)

キーワード:  , ,

2011年4月21日 記事の公開日時 4:00 pm

3

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
「どうしてマグに入ったの?」 vol.3 土屋順紀(早稲田大学3年)
 
 

土屋順紀(編集長・渉外班リーダー)
早稲田大学人間科学部人間情報科学科3年

入ったきっかけ

自分の代は新歓などもあり、そこから入ったメンバーも多いのですが、自分は1回も新歓に行っていません(笑)

マスコミ系に興味があり、また宮崎駿さんの号を見てすごいと思ってはいたのですが、新歓は予定が合わず行けず。ただ新歓も終わってから、マグの新歓に参加していた友達から「マグ行こうぜ!」と誘われ、現在に至ります(もちろんその友達は入りませんでした)

どんな仕事をしているの?

技術職以外、ほぼ全ての仕事に携わっています。編集長・幹事長という立場から全体を統括するのはもちろん、原稿の校正も最終的には自分がしています。

渉外班としては外部の人と会ったり、冊子の流通をしたりがメインの仕事です。どちらかと言えば渉外班リーダーとしてより、編集長としての立場が大きくなっているのが事実ですが…。

やり甲斐はどこにある?

「マグってすごいね!」「マグ読みましたよ!」という声はもちろんですが、「次も楽しみにしてます!」という声を聞くのが1番のやり甲斐になっています。また知らない早稲田生から「マグ知ってるよ」と言われるのは嬉しいですね。

また各メンバーが積極的に、自分が思った以上の仕事をしてくれるのは楽しみです。下級生の成長も頼もしく感じられますね。

今後の目標は?

より多くの方にマグを知ってもらい、より多くの方にマグを読んでもらいたいです。

学生だから~と見られるのではない、企業誌に負けない内容・クオリティを目指しています。

(Twitter:@rosedust1192

関連記事


 
▲一番上に戻る