【2012年秋号】学生必見のビジネスマナーとは!?

2012年12月7日 記事の公開日時 9:00 pm

3

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
【2012年秋号】学生必見のビジネスマナーとは!?
 
 

この記事はMAG! 2012秋号に掲載されています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

学生必見のビジネスマナーとは!?

大事なのは中身?行動?

「人間は中身が大事」そうは思ってないだろうか?
大学生活最難関の就職活動ではその中身を他人に示すための行動が必要だ。

 

「まず何よりも第一印象と挨拶に気を使うべきですよね。人って会った瞬間に好きか嫌いかを決めてしまうから。人間の心はとても複雑ですけど、ベースになっているのは好きか嫌いかの2つですよね。外見で人を判断しちゃいけないよっていうのは、人を外見で判断するからそういう言葉があるんです。」(岩下宣子さん)

 

そう語るのは、マナーデザイナーの岩下宣子さん。これから社会にはばたく大学生が面接で大切にするべきものは、清潔感と笑顔だという。他の人と差をつけるには、表情が大事。目がキラキラした人はやはり魅力的だ。人間は興味があるものを見たとき瞳孔が開く。そうすることで目を輝かせるのだ。

しかし、無事社会人となってからも油断はできない。ビジネスには必要不可欠な電話と、誘いの断り方のマナーについて伺った。

「電話は第一声が第一印象。口角を上げて、笑顔でお話すると一番やわらかい優しい声が出ます。また、相手のお誘いを断るときはクッション言葉をつけること。申し訳ないのですがとか、あいにくとか」(同)

 

マナーとは形式的なものももちろん大切だが、一番は思いやりの心だという。自分も相手も大事なのだ。相手のことを考え、思いやりの心を持てば、その場しのぎのマナーではなく、真のマナーが身に付くのではないだろうか。

(文=佐藤清香)

プロフィール
岩下宣子 IWASHITA NORIKO
マナーデザイナーとして、企業、学校、商工会議所、公共団体などでマナー指導、研修、講演と執筆活動を行う。
参考HP 現代礼法研究所(http://www.gendai-reihou.com/

関連記事


 
▲一番上に戻る