【2012年秋号】浮気のサインから関係修復法まで!!

2012年12月13日 記事の公開日時 7:00 pm

7

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
【2012年秋号】浮気のサインから関係修復法まで!!
 
 

この記事はMAG! 2012秋号に掲載されています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

長続きの秘訣は刺激!?浮気のサインから関係修復法まで!!

あなたのパートナーは大丈夫…?

人は何故、浮気に走るのだろうか。

近年では某芸能人による「不倫は文化だ」なんて言葉が飛び出ててくるほど浮気は市民権を得てしまった。浮気は文化じゃない!と妙な義憤にかられたマグ捜査員がこの疑問を解消すべく、精神科医で恋愛心理学に関する著書も多数出されているゆうきゆう先生にお話を伺った。

 

「いくつかあると思いますが、仕事などの上手く行かないことのストレスから逃げるために浮気をしていることは多いですね。また、基本的には『パートナーでは満たされない部分』を浮気相手に求めているので、相手が二人の関係に不満を持っているときに浮気をする可能性は高くなるでしょう」(ゆうきゆう先生)

 

相手が求めているのは安らぎかも知れないし、新しい刺激かも知れない。だがその多くは努力すれば提供できるもので、関係に甘えてしまわないことが大切なのだとゆうき先生はいう。

では、男女の浮気の違いはどのようなところにあるのだろう。

 

「男性は浮気をしていてもパートナーとの関係を維持しようとしますが、女性の場合は現在のパートナーを受け入れられなくなることが多いようです。肉体的に女性は身体を委ねる立場になるため、精神的な部分も委ねてしまいやすく、パートナーよりも浮気相手に対して気持ちが高まっていくことが多いのではないでしょうか」(同)

 

ちなみに女性の浮気のサインとしては、新しい下着やアクセサリーが増える、愚痴が少なくなる、二人の思い出の品や写真が少しずつ消えていくといったものが、男性の浮気のサインとしては、目の前で携帯に出ようとせず後でかけ直す、出かける時やデートを断るとき言い訳がましくなる、普段食べないようなものを購入する、といったものがあげられる。

万が一上記のような兆候からパートナーの浮気が発覚した場合、そこから関係を修復する手段はあるのだろうか。

 

「浮気をされるともう二度と裏切られたくない気持ちから疑心暗鬼になってしまうと思いますが、もう一度傷つくリスクを負ってでも相手を信頼して欲しいと思います。疑いながら親しくなることはできませんし、信頼を失うことは相手にとっても大きなダメージです。『とても悲しかったけれど、もう一度信じたい』と伝えて、それでも相手が裏切るようならばそんな相手でもまだ一緒にいたいのか自分自身に問い直して決断しましょう。人間ですから、仏の顔よりは少なくて良いのです」(同)

 

とはいえ最初から浮気なんてないのが一番。恋愛関係の長続きの秘訣は、最初から相手に完璧さを求めず、お互いに成長しあえるような関係を築いていくこと、だそうだ。

さて彼氏彼女のいる読者諸君、浮気はくれぐれも慎重に。

(文=樋口瞬)

プロフィール
ゆうきゆう YUKI YU
精神科医、著書多数。
ゆうメンタルクリニック総院長(上野院 http://yucl.net/  03-6663-8813)(池袋院
03-5944-8883)(新宿院 03-3342-6777)(渋谷院 03-5459-8885)。
心安らげるクリニックとして評判が高い。

関連記事


 
▲一番上に戻る