【告知】世界が広がる2時間に。11/14,15開演「Theatre of PEACE 2nd」

2014年11月13日 記事の公開日時 12:00 pm

0

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
【告知】世界が広がる2時間に。11/14,15開演「Theatre of PEACE 2nd」
 
 

東京、渋谷。
学生団体S.A.L.が二日限りの映像祭をみなさまにお届けします。

2014年、4人の学生にはどうしても伝えたい「今」がありました。
終わらない福島。そばにいる難民。遠く離れた島国。
あるいは、顔も知らない誰かのこと。

知ってほしい、想いを馳せてほしい。
そんな願いの詰まった映像祭を開催致します。

Theatre of PEACE 2nd

日時 2014年11月14日(金)・15日(土)
    開場18:00 開演18:30 閉場21:00
場所 東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)
    東京メトロ表参道駅B2出口より徒歩7分
料金 ¥500
予約 こちらをクリック
主催 学生団体S.A.L.
後援 独立行政法人 国際協力機構 (JICA)
    なんとかしなきゃ!プロジェクト

Facebookページ Theatre of PEACE 2nd

作品紹介

1作品目「HAVE NOTHING IN COMMON」

HAVE NOTHING IN COMMON

美しい地中海に浮かぶ小さな小さなキプロス島。
そこにはとても大きな一本の線が横たわっています。

“グリーンライン”

その一本の線に分断されたキプロス島には
互いに主張が異なり、未だすれ違うキプロスの人々が暮らしているのです。

「HAVE NOTHING IN COMMON」
1、何も共通のものを持たない
2、心のすれ違い

小さく美しく暖かく、そして大きな問題を抱えるキプロス島。
その魅力も複雑さも、すべてお届けします。あなたへ。

2作品目「大学生だから、」

大学生だから、
2011年3月11日。日本人ならきっと、誰もが忘れぬ数字です。
未曾有の災害は、学校を呑み、電車をさらい、家族を埋めました。
しかし、その出来事は今となっては“3年前の出来事”と一括りにされがちです。もう、瓦礫なんてとっくに撤去されているだとか、海の周りには堤防ができているだとか­、勝手に決めつけます、見てもいないのに。

決めつけてしまうこと。
それは、何も知らない事と同じではないでしょうか。

だから福島を訪れ、「今」を見て、そして知りました。
一介の学生が映像を作る。伝える。
それは無意味かもしれません。無責任かもしれません。
それでも伝えたいと思うのです、伝えなければならない、と。
あなたがきっと、知らないから。

3作品目「ひかり」

ひかり
東京からわずか車で2時間。
駅前の温度計の針が40度を示す、群馬県館林市。

そこには海を越えてやってきた人々が暮らしています。
ロヒンギャ難民。
彼らは国を追われ、故郷を失い、ようやくここ日本にたどり着いたのです。
しかし彼らは未だなお不安定な生活を送っています。

私たちのすぐそばにある、しかしあまり知られていない事実。
そんな彼らの声を聞きたいと思い、カメラをまわしながら見えたことをぎゅっと映像につめこみました。
――私たちと同じ空の下、この日本に難民が暮らしていることを知っていますか?

4作品目「誰かのレクイエム」

誰かのレクイエム

「世界には、約72億もの人がいるといわれています。
この膨大な数字を前にして、ぼくたちはついあることを忘れがちだと思います。
それは、一人ひとりの感情が、その数字には内包されているということです。当然、一人ひとり性格も違えば大切にしているものも違います。
そこに、優劣はありません。
でもひとりひとり違うからこそ、テレビや新聞の向こうの顔も知らない誰かのことを“想像してみる”ことが、みんなが笑顔で過ごせる平和な世界に近づく一歩になりうるのではないのでしょうか。
想像してみてください、同じ地球の誰かのことを。


ちっぽけな学生が伝えたい、4つのメッセージ。
会場でお待ちしております。ぜひお越し下さい。
1コインであなたの見える世界を広げます。

関連記事


 
▲一番上に戻る