野菜ジュースやサプリメントだけでは不十分!? 健康を維持するには

2015年3月1日 記事の公開日時 5:00 pm

0

このエントリをはてなブックマークに追加

Pocket
野菜ジュースやサプリメントだけでは不十分!? 健康を維持するには
 
 

健康への意識を高めよう!

多忙な大学生の中には、食事をファストフードやインスタント食品などで済まし、また栄養不足を野菜ジュースやサプリメントで補おうとする人も多いだろう。しかし、野菜ジュースやサプリメントで本当に十分な栄養素が取れるのだろうか。疑問に思ったマグ捜査員(ここ最近貧血気味)は、早稲田大学スポーツ栄養研究所の招聘研究員で、管理栄養士である麻生香菜子さんにお話を伺った。

「野菜ジュースやサプリメントは、あくまで栄養補助食品です。ですから、それらのみで栄養素を補うのは好ましくありません。まずはきちんと食べ物から食事を取ることを意識しましょう。食欲がない方が野菜ジュースを飲むことや食物アレルギーのある方がサプリメントで栄養素を補給するなど、個々の栄養状態を見極め必要に応じて賢く取り入れる事は良いと思います」(麻生香菜子さん)

やはり、野菜ジュースやサプリメントだけで栄養を取ろうとすることは良くないとのこと。しかしながら、一日分の野菜が取れるという謳い文句の野菜ジュースをよく見かけるが、そういう野菜ジュースでも十分な栄養は取れないのだろうか。

「野菜ジュースに書かれている野菜一日分というのは、厚生労働省が推奨している一日の野菜摂取量、350グラム分の野菜を原材料として使っているという意味です。とはいえ、栄養価の高いにんじんやトマトなどの緑黄色野菜が含まれていても、製造工程で失われる栄養素もあります。ですから、やはり食事の中で野菜を取ってほしいです。350グラムは、一食につき生野菜なら両手に、加熱した野菜なら片手に乗る位の量なので、一日の食事で意識して食べられるよう頑張ってみましょう」(同)

麻生さんによると、350グラムのうち、120グラムは緑黄色野菜であることが望ましいそうだ。確かに想像よりも多くないが、三食バランスよく食べることは難しい。特に学生は飲み会なども多く、食事に偏りが生じやすい。そこで、学生に向けてのアドバイスを伺った。

「きちんと自己管理することが大事です。アルコールを取るときは唐揚げなどの高脂肪なおつまみに注意し、豆腐や枝豆などの低エネルギーで高たんぱくの食品を選ぶというように、身近にできることから始めてほしいです。安いからだとか、手軽だからだとかでラーメンや丼ものばかり食べてしまうという人も多いと思いますが、サラダも一緒に食べるなどの工夫をして、できる限り偏りが少なくなるように自己管理をしましょう」(同)
どこかで乱れた部分があっても、最終的には「バランスよく」栄養素を取ることが大事なようだ。野菜ジュースもサプリメントも健康補助食品としては有効だが、それはあくまで補助としてである。ある程度食事で栄養が取れていることが前提条件である。きちんとした食事を心がけよう。

麻生香菜子(ASO KANAKO)
早稲田大学スポーツ栄養研究所招聘研究員、管理栄養士。エームサービス株式会社に勤めている。

関連記事


 
▲一番上に戻る